「もち麦」を英語ではなんというの?アメリカでも人気のスーパーフード

アメリカでも健康意識の高まりで、さまざまな健康食品が販売されるようになってきました。

普段から便秘気味の私は、食物繊維を多く含んで渋滞緩和に役立ってくれる食材を探してはあれこれ試していましたが、なかなかうまくいきませんでした。

そんな時、フジテレビ「梅沢富美男のズバッと聞きます!- 正月太り解消SP!2週間もち麦生活でスッキリ」で紹介されていた「もち麦」にとても興味が沸きました。腸内環境を整えるスーパー食材として注目されているそうです。

「もち麦」を英語で何というの?アメリカのスーパーで購入できる?と、気になってる方のために、炊き方や気になる味についてもご紹介します。

「もち麦」を英語ではなんというの?

まず、もち麦をアメリカのスーパーで購入しようにも、英語名が何なのか知らないと探すのに苦労します。

「もち麦」は、英語で “Pearl(もしくはPearled) barley” といいます。

どちらも大麦ですが、左がもち麦(pearl barley)、右が押し麦oatmeal (rolled oats)

さて、英語名が分かったところで実際にスーパーへ行ってましょう。
店舗によって違いますが、

  • シリアル、オートミールコーナー
  • 豆類コーナー
  • 健康食品コーナー

たいていは、このどちらかに置かれていると思います。もし見当たらない場合は店員さんに、

“Do you have pearl barley?”
「もち麦ありますか?」

“I’m looking for pearl barley.”
「もち麦を探してるんだけど見つからなくて
。」

と、声をかけて聞いてみてください。

関連記事 「ついでに」を英語で何というの?

アメリカのスーパーで購入できたら、さっそく炊いてみましょう

今回私が見つけた商品はこちらです。(Bob’s Red Mill $2.99)

日本で売られているもち麦の中には、アメリカ産も多いようなのでどこの店舗でも簡単に見つかるかと思いきや、3軒それぞれ違うチェーン店を探してやっと見つけました。

アメリカでも人気のスーパーフードとして注目されて、レシピを検索するとスープやリゾット料理のサイトがたくさん見つかるのですが、やはり地域やお店によっては置いていないことも多いと実感しました。(広いアメリカならではのアルアルですね。)

スーパーフードでありながら、食物繊維の補助食品サプリメントで有名な、MetamucilやBenefiberに比べたら格段に値段が安くて驚きました。

もち麦の炊き方

もち麦を炊く場合は、白米を炊くのと比べて水分を多めに炊きます。

【材料】

・もち麦 1カップ
・水   2カップ

【手順】

炊飯器に入れ、「白米コース」でスイッチオン。

以上!

水に浸けておく必要もなく、炊飯器で簡単に炊きあがりました。

2カップ分のもち麦から、約お茶碗1杯分が7個作り置きたので、
炊いた後は、1食分ずつ小分けにして冷凍保存をお勧めします。

この商品のパッケージには、「水の分量はもち麦に対して3倍で作るように」と記載されていましたが、日本のレシピサイトの多くには「2倍の水量で炊く」と書いてあったので、初めは2倍の水量で作り、2回目は3倍にしてみました。

その結果、3倍の水量は多過ぎました!炊飯が終わった後でも、水が釜の底に残ってい、ぷちぷちのしっかりした食感と外の皮の歯ごたえは残っているものの、全体的にベチャベチャに。

その場合は、かき混ぜて保存状態で数時間放置すると釜の底の水分は消えますが、やはり水分多過ぎ感は残りました。

水分量は、好みの食感に合わせて変えてみてください。

また、白米用炊飯器にある「玄米コース」で炊いてみたところ、蒸気口から勢いよく蒸気が噴出し、炊飯器の周辺・底・内部が惨事となってしまい、掃除がとても大変でした。

白米コースで炊いた時とほとんど味も硬さも変わら無かったので、玄米コースではなく「白米コース」で炊くことをおすすめします。(玄米用炊飯器では結果が変わるかもしれません。)

もち麦の炊きあがりと食感

倍の量の水を入れたにもかかわらず、それほどベトベトすること無くしっかり炊き上がりました。

食感は、もちもちというよりプチプチな感じで噛み応えがあります。白米のように、噛まずにかっこむことは難しいと思います。

しっかり咀嚼するので、そんなに量を食べなくても満腹感があり消化がよくなるのでは?と思いました。

味や香りは、麦そのままで雑穀米と似ています。

もし、雑穀米がちょっと苦手・・・という方は、もち麦を白米に少しだけ混ぜて炊いてみて、好みで割合を増やしていってもいいかと思います。

関連記事 【保存版】「バター餅」はハワイの代表的なスイーツ!本場のレシピを公開

「アメリカ産のもち麦は、皮の部分をしっかり精製しまうので、栄養分が無い」は、本当?

答えは、No. です。アメリカ産のもち麦には、しっかりと精製されて明らかに白っぽい商品もあれば、Bob’s Red Mill 製のような、ほとんど精製されていない栄養分たっぷりの茶色のもち麦あります。

左は小粒で白っぽいWalmart商品、右は茶色いBob’s Red Mill商品です。

アメリカに住む約85%の人がご用達のスーパー、Walmartブランド(Great Value)のもち麦は、確かに白くて若干小粒です。しかも、食物繊維が少なくなってしまったのか、見た目が茶色いもち麦に比べて、お腹への働きが断然弱いということを実感しました。

Walmart独自ブランドGreat Valueのもち麦。
(商品によっては、“Pearled Parley”と表記されることもあります)

まとめ

もち麦を英語では “pearl barley” (もしくは “pearled barley” )といいます。

アメリカのスーパーで見つからない場合は、通販サイトでも簡単に購入することができますよ。

これまでの朝食オートミールに加え、昼と夕食は白米やパスタをもち麦に置き換えてみることにしました。食物繊維の働きで、便秘解消や腸活にも有効ではないかなと期待をしています。

ぜひ興味がある方はトライしてみてくださいね。

その後一週間、白米やパスタをもち麦に置き換えて食べ続けた私の個人的な感想

もち麦は、食物繊維のなかでも水溶性なので、詰まっている状態に不水溶性の食物繊維でさらに詰まるということはないようです。

それを実感したのは、食べた数時間後から、お腹の交通渋滞が緩和されたからです。おかげで、ポッコリお腹が小さくなりました!(個人差があると思います)

また、しっかり咀嚼して食べるので、お茶碗1杯分でお腹がいっぱいになり、腹持ちもいいと感じました。今後も、もち麦ライフ継続決定です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする