Windows10「IMEが無効です」の表示が出たときの対処法

以前使いっていたパソコンのWindows10で「IMEが無効です」という表示が出て
入力ができないことがあり、それを何度も繰り返すこともありました。

次に同じようなことが発生した時の覚え書きとして、そして同じような不具合で困っている方がいるかもしれないので、参考にしていただければと思います。

Windows10「IMEが無効です」はどういう状態?

IMEはテキスト入力をするときにサポートするソフトウェアです。
ローマ字からひらがなやカタカナ、漢字変換などができる、日本語入力には欠かせない機能です。

そのタスクバーにある言語バーのアイコンが、「あ」や「A」ではなくバツマークになっていて、文字入力できない状態を意味する「IMEが無効です」の表示になり入力ができない状態で困りました。

そもそもIMEが無効でバツマーク表示になる場合があります

カーソルが入力箇所に入っていない場合や、パスワードなど英数字半角入力の場合は、言語バーのアイコンはバツマーク(日本語のひらがな・カタカナ・漢字が入力できない状態)になります。

【IMEが無効】入力箇所にカーソルがないので、入力でない状態

【IMEが有効】カーソルが入力箇所にある状態

考えられる原因

考えられる原因を調べてみました。

  • Windowsもしくは何らかの不具合でIMEが停止してしまっている
  • 他のアプリケーションが何かしら絡んで入力が無効の状態になってる

それでは、どうやって入力できるように修正をすればいいのでしょうか?

Windows10「IMEが無効です」表示を解除する方法

何はともあれまず、再起動!

パソコンでフリーズしたり、他のソフトウェアとの相性が悪いと不具合が出ると聞きます。でも、私のような素人には原因を追究することは不可能なので、何はともあれ「まず、再起動」してみましょう。

意外と、これで直ることは多いようですね。
それでも、直らない場合は次へ。

無効になっているIMEを強制的に有効にする

タスクバーのWindowsマークをクリック後、
表示される一覧より、「ファイル名を指定して実行(R)」をクリック

「ファイル名を指定して実行」ページが出たら、枠内に、「ctfmon.exe」を入力して「OK」ボタンを押します

これで、IMEが有効になり、文字入力ができる状態になりました。

「ctfmon.exe」は、アプリケーションへの入力処理機能をサポートするためにWindowsにインストールされていて、ログオン時に自動起動される。

何らかの原因で自動起動されない時に、「ctfmon.exe」を入力して手動で起動させればIMEが使えるようになるということのようです。

何度も繰り返す場合は他の入力ソフトウェアを使う

実は、「ctfmon.exe」の実行でIME無効が解除されましたが、その後いつの間にかまた無効の状態に戻ってしまい、有効にして・・・というように何度か繰り返すことがありました。

その後、数回繰り返した後は、一切無効になることは無くなりましたが、もし何度か繰り返すのがいつか止まるのを待つのが嫌だという場合、他のIMEを使うことを検討してみてもいいかもしれません。

Google日本語入力
ATOK

関連記事 Windows10 IMEの表示を無効に!「あ」と「A」を画面から消す方法

スポンサーリンク

まとめ

Windows10「IMEが無効です」表示が出たときの対処法をご紹介しました。

普段からパソコンは当たり前のようにラクラク使っていますが、こういう風に突然入力ができなくなるような不具合が起きてしまい、本当に困ってしまいました。

不具合の根本的な解決ではないのかもしれませんが、今回ご紹介した方法で、改善されると思います。

参考になればうれしいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする