ホームベーカリーで穴無し食パンを作る方法

ホームベーカリーは材料を入れてセットしておけば、あとは待つだけで焼き立てパンが食べられるので便利でいいですよね。

私もパン作りを始めて少し経った頃、

「手捏ねって意外と・・・め、面倒くさい。」

と、思い始めてしまい、ホームベーカリーを購入しました。

最初はルンルンで使っていたんですが、毎回食パンの生地に羽根がへばりついた状態で焼き上がり、スライスするとどうもその部分だけ美しくないし、少し固い食パンができてしまいどうにかならないか?と、気になっていました。

そこで、ホームベーカリーで穴が無い食パンを作る方法を探したのでご紹介します。

ホームベーカリーを使うとどうして食パンの底に穴ができるの?

ホームベーカリーでは、生地を手で捏ねる工程を、羽根を使って行います。

寝る前に予約セットをして翌朝焼き立てを食べるという場合など、全工程をホームベーカリーにおまかせ放置する場合、捏ねる羽根も生地にくっついいたままの状態で焼きあがるので、スライスするときには大きな穴というか凹みができてしまうわけです。

完全に入り込んでしまっている状態です。(涙 ↓

最初は、しょうがないのかと諦めていましたが、どうにかできないものかと考えていたところ、羽根が外せることに気が付きました!

ホームベーカリーで全く穴が無い食パンが作れるの?

ホームベーカリーで「穴無し」食パンを作りたいわけですが、釜の底には捏ねる役割の羽根を支えるボルトがついています。これ自体は外すことができません。

ということで、正確にはホームベーカリーで「穴を最小限に抑える」焼き方になります。

完全に穴が無い食パンを焼きたい!という場合

完全に穴がない食パンを焼きたい場合は、ホームベーカリーで最終発酵直前までお任せして生地を別の型に入れなおしてから、オーブンで焼きます。

手順

  1. ホームベーカリーで最終発酵直前までお任せ
  2. 生地を取り出して「ガス抜き」→「成形」
  3. 別の型に入れなおして「二次発酵」→「オーブンで焼く」

という、後半は作業を行う必要があります。

関連記事 【保存版】「バター餅」はハワイの代表的なスイーツ!本場のレシピを公開

ホームベーカリーのほぼ穴無し食パンを作る方法

それでは、ホームベーカリーの羽根を途中で取り出して、底の穴を最小限に食パンを作る方法をご紹介します。

手順

  1. レシピの通りに材料を入れてコースを選びスイッチオンし、そのまま放置します。
  2. 最終発酵が始まる直前に生地を取り出し、羽根を外します。(スイッチは切りません)
  3. 手早く、生地をガス抜き → 丸めなおし → 綴じ目を下にしてホームベーカリーに戻します。
  4. 焼き上がりまで待ちます。


羽根を取り出すタイミングがポイントです!

機種によって違いますが、羽根を取り出すタイミングは最終発酵が始まる前です。

説明書に、各工程でどのくらいの時間がかかるかの表があると思うので、それに従って時間を見てください。

上の表は私が使っている機種の場合です。(Basic Bake Sandwich=白食パン)

この機種では二次発酵がなく、一次発酵(Rise)後に焼き(Bake)に入るので、一次発酵前の捏ね(Knead)が終わった時点、つまり開始より約90分後に羽根を取り出し、軽くガス抜き後に丸めなおして継ぎ目を下にし、釜に戻します。

注意点

注1)二次発酵まである機種の場合は、二次(最終)発酵が始まる直前に行ってください

注2)羽根を取り出して生地に戻すまでの間は、ホームベーカリーのスイッチを切らずに、蓋を閉めて行います。(機種によっては、一定時間蓋を開けているとリセットされるようです)手早く、軽くガス抜きし、丸めなおして釜に戻します。

羽根を取り出すときにガス抜きをして丸め直して釜に戻し、釜の中で最終発酵を行わせることで出来上がりの食パンの形がきれいに、失敗なく出来上がります。

切り口も、最小限に穴を小さく抑えることができたのが分かります。

底の部分の凹みが最小限に抑えられています。

小さい穴も気にならないくらい、キレイに焼きあがりました。

関連記事 「もち麦」を英語ではなんというの?アメリカでも人気のスーパーフード

まとめ

ホームベーカリーで、「ほぼ」穴無し食パンを作る方法をご紹介しました。

ホームベーカリーは、「材料を入れてスイッチオンするだけでパンが焼ける」ということが利点です。でも、焼き上がりの底の部分が気になるという方には、是非試してみてほしいと思います。

参考になればうれしいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする