Windows10でデスクトップ画面をすぐに表示する方法

パソコンを買い替えたタイミングで見つけた、Windows10の設定や使いやすい方法などをシェアしたいと思います。

Windows10で複数のウィンドウを開いて作業をしているとき、デスクトップにあるフォルダやファイルを見たくなったら、いちいちウィンドウを最小化したり動かしていました。

どうにかもっといい方法はないものかと調べて、面倒くさいことをする必要なく、すぐにデスクトップ画面の確認や表示ができる、とても便利な機能をご紹介します。

Windows10 デスクトップ画面を表示する方法

Windows10のデスクトップを表示する方法をご紹介します。

①タスクバーの右端をクリック

以前使っていたパソコンで、デスクトップ画面を表示させるときによく使っていたんですが、最新のパソコンでは、どうにも幅が小さすぎて機能がなくなってしまったのかと思いました。小さすぎてわかりにくいですね。

②タスクバーの右端を右クリック>「デスクトップの表示」をクリック

上記①の方法に、ワンクッション加わった方法です。

タスクバーの右端クリックでデスクトップが表示されるので、わざわざ「右クリック>デスクトップの表示をクリック」をするのは少し面倒かなと。(あくまで個人的な感想です。)

③タスクバー右端を右クリック>「デスクトップのプレビュー」にチェック

このようにチェックが入った状態にすると、マウスポインター(矢印マーク)を、クリックせずタスクバー右端にもってくるだけで、デスクトップが表示されます。

また、マウスポインターをその位置からずらすと、元の画面(デスクトップでない画面)に戻ります。

④画面下のタスクバーにツールバーを設置

タスクバーを右クリック>一番上の「ツールバー」>デスクトップをクリック

設置すると、タスクバーに「デスクトップ >>」という表示がでます。
この、「>>」の部分をクリックすると、デスクトップに出ているアイコンの一覧が表示されます。


この場合、デスクトップ画面が表示されるというわけではなく、デスクトップ上に何があるのかを確認できます。また、開きたいアイコンをダブルクリックすると開きます。

必要なファイルやフォルダ、アイコンを選択して表示させたい場合は、わざわざ画面を切り替えてデスクトップ全体を確認する必要がない、この方法が適しているかと思います。

関連記事 Windows10「IMEが無効です」の表示が出たときの対処法

ショートカットキーを使って表示させる方法

キーボードの「Windowsロゴキー(窓の絵)」を押しながら +「D」

これで、デスクトップ画面になります。

もう一度、同じように「Windowsロゴキー(窓の絵)」+「D」で以前の画面に戻ります。

Desktopの「D」でしょうか。
これなら、ショートカットキーを普段使わないという人でも覚えやすくて簡単ですね。
しかも、マウスを持つことなく、キーボード上ですぐできることは時間の短縮にもいいのではないかと思いました。

関連記事 Windows10 IMEの表示を無効に!「あ」と「A」を画面から消す方法

まとめ

Windows10のデスクトップ画面表示の方法について、ご紹介しました。
意外と方法がいくつもあり驚きました。

これで、いちいち画面上の複数の作業ウィンドウを動かしたり最小化にしなくても、
スムーズにデスクトップを表示させてアイコンを確認したり操作することができます。

ちなみに、私は④の「タスクバーにツールバーを設置」しました。

これなら、デスクトップ画面全体を表示せずに、必要なアイコンだけ選べるので使いやすいかなと思います。あとは、ショートカットキーも簡単なので使いたいと思っています。

みなさんも、ぜひ試してご自分の快適な方法を見つけてくださいね。
参考になればうれしいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする