バターコーヒーダイエットの方法と口コミ!効果が実感できる理由とは?

「バターとコーヒー」これだけを聞くと最初は誰しも「えっ、何それ?」と思うのではないでしょうか。それだけだと、トーストに塗ったり料理に使う普通のバターをコーヒーに入れるイメージを持つ人は多いと思います。

しかも、そのバターコーヒーがダイエットに効くというのだから、一体どんな飲み物なのか気になりますよね。

アメリカで話題になった「バターコーヒーダイエット」の方法や口コミ、効果が実感できる理由について調べてみました。

バターコーヒーダイエットとは

アメリカ人のデイブ・アスプリーさんが“bulletproof coffee”(防弾=完全無欠のコーヒー)を考案し、新しいダイエット方法として大人気になりました。

その後、日本でも発売された翻訳本「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」では、脳をスッキリさせ体にいい食事をとることで体調が良くなった、著者の経験を紹介しています。

多くのIT系ビジネスが集まるシリコンバレーから発信された、「痩せて集中力も高まり、ビジネスパフォーマンスが上がった」という情報は誰もが「どうやって?」と気になったのではないでしょうか。

その中でも話題になった、グラスフェドバターとMCTオイルをコーヒーに加えて朝に飲むだけの、シンプルダイエット方法「バターコーヒー」のレシピをご紹介します。

バターコーヒーダイエットの方法とレシピ

材料 約カップ1杯分

  • コーヒー 
  • グラスフェドバター 大さじ1~2
  • MCTオイル 大さじ1~2

道具 

コーヒーとバター、オイルを混ぜるにはいくつか使える道具がありますが、私のお勧めは①のブレンダーです。

①ブレンダー
一番簡単で短時間にしっかり混ぜることができます。
ブレンダーにサイズが合う瓶があったので使いました。使用中に漏れないように、ピッタリサイズが合うか確認してから使ってください。

②プロティンシェイカー
プラスチック容器なので、シェイクする時に熱くて持ちにくいかもしれません。また、シェイクする時に蓋が開かないように、しっかり押さえる必要があります。

③小さい鍋に材料を入れ、弱火でかき混ぜます。

④マグカップにコーヒーを入れ、グラスフェドバターとMCTオイルを入れて混ぜます。

しかし、この方法では何度もぐるぐるとかき混ぜても、なかなかバターとオイルが混ざりません。
飲むと口の中でバターとオイルの脂分で、少しコーヒーの味がする脂を飲んでいる感じでしたので、おすすめしません。

手順

作り方はたったこれだけなので、朝の忙しい時間には助かりますね。

  1. コーヒーを作ります。
  2. グラスフェドバター、 MCTオイル 各大さじ1~2をコーヒーに入れ、ブレンダーで混ぜます。

【混ぜる前】コーヒーの上部にグラスフェドバターとMCTオイルが浮いている状態

【混ぜた後】しっかりとグラスフェドバターもMCTオイルも混ざった状態

バターコーヒーダイエット方法から効果が実感できる理由3つ

  • カフェイン・・・脂肪燃焼、眠気や倦怠感に効果があると言われています。
  • グラスフェドバター、MCTオイル・・・中性脂肪を減らす効果が期待でき、一般的な脂質よりも良質で素早く消化・吸収されてエネルギーになりやすいという特長があります。
  • 朝食置換・・・朝食をバターコーヒーに置き換えることで、食べ物を消化するためのエネルギー消費を減らすことで、眠くなりにくく空腹が集中力を上げると考えられています。

関連記事 「もち麦」を英語ではなんというの?アメリカでも人気のスーパーフード

バターコーヒーダイエットの口コミ

まとめ

バターコーヒーダイエットの方法と口コミ情報、効果が実感できる理由を調べてみました。

ダイエットにバターとは程遠いイメージですが、グラスフェドバターやMCTオイルなど良質な脂質を取り入れることが、脳にいい影響を与えるようです。


「一日で一番大事な食事」と言われる朝食ですが、しっかり食事を取ると眠くなって仕事中ぼーっとしてしまったことがありました。朝食を、腹持ちがいいバターコーヒーにお置き換えることで、仕事に集中でき更にダイエットができるのは嬉しいですね。

ジムに通って運動をする時間がなかったり、炭水化物を完全カットして辛い減量をするよりは、この方法が合うという方もいるのではないでしょうか。

興味がある方はぜひトライしてみてください。
参考になればうれしいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする